• Facebook - Grey Circle
  • Twitter - Grey Circle
  • Pinterest - Grey Circle
  • Instagram - Grey Circle

© BIJINNUKA HONPO Co.,ltd. All Rights Reserved.

「お米で美しく」を見つめつづけて|こめがたり お米の話

最終更新: 2018年7月5日



お米は食べるだけではありません。ある時は稲・わらで生活用具に変身、またある時はお米を研いだ後のとぎ汁で床を磨いたり、髪をすいたり。衣・食・住・美に用いられています。


明治時代に神戸で創業、現在も神戸市に本社がある弊社は、米や米ぬかなど米由来成分を使った化粧品にこだわってきた化粧品メーカー。ドラッグストアのコスメのコーナーで「純米シリーズ」お目にした人もいるのではないでしょうか?



安心安全を重視、化粧品原料のためのお米を栽培


化粧水や美容液、乳液などのお米の美容効果に注目した化粧品は、たくさんありますが、ぬか袋の販売は希少。


「ぬか袋をいち早く商品化したことをきっかけに、初代が会社を興したので、 これを途切れさせるわけにはいきません。 若い世代は、ぬか袋の存在も知らず、ぬか袋って何?どうやって使うの?という声もあるのですが、改めて美容効果をアピールしていきたいと考えています」。


「 肌につけるものなので、 安心安全を最重要視しています。弊社では減量で使うお米にも配慮して、無農薬・無化学肥料で古代米を育てる広島やコウノトリ育む農法を行う豊岡の米農家と契約。 化粧品原料のためだけにお米を栽培していただいています」。


美しい素肌を追求する女性のための商品を中心に事業を行ってきましたが、理髪店で取り扱う男性用化粧品の開発・製造・販売に関しても昭和初期から続いています。



赤ちゃんにもオススメの「ぬか袋」


「ぬか袋は赤ちゃんの沐浴時に使用されていたこともあって、第二次世界大戦中には助産深井の奨励品になったことも。体に優しい沐浴用のボディシャンプーやぬか袋は赤ちゃんにもおすすめです」。


沐浴用商品を卒業したら、親子で一緒に使える商品、成長した時の基礎化粧品、いつまでも若々しい肌でいたいと願うハイエイジ対象など年代ごとの米由来コスメ、 またお米の産地との限定コラボ化粧品など様々な展望を思い描いています。


「 お米はずっと昔から私たちの暮らしに密着してきたもので生命のみなもと。まだまだ未知の部分、効果効能があるかもしれません。その可能性にこだわっていくのが弊社の使命。これからもなるほど!と思うを込めコスメを届けたいと考えています。



神戸美人ぬかのアイテムは「美人ぬかストア」でもお買い求めいただけます。

お米のチカラで美人に導く、神戶生まれのスキンケアはコチラ